多様化する葬儀の種類

PR | 骨壷のサイズを知りたい方へ
昨今の社会は実に多様化していますので、葬儀についてもその波が影響を与えています。大抵は遺族・親族やそれ以外の故人と親しかった関係者で会葬する一般葬が主流ではありますが、故人の家族、もしくは親戚を含めて行う家族葬もよく聞くようになりましたし、本当に最小限で行う密葬も行われます。家族葬の場合は費用を抑えたいという目的がある場合もありますが、清算してみると香典などもあり一般葬の方が安く済むこともありますので、事前にシミュレーションしておくと良いでしょう。
勤めている会社の会長や社長のような重役が亡くなると、遺族だけでなく社員も参加する社葬が行われます。この場合単なる葬儀ではなく、どれだけの規模や質で執り行われるのかで会社のステータスが表されます。また、会社のトップが入れ代わるのであればそれを広く知ってもらう場でもありますので、どの葬儀社を選ぶのかも非常に重要なポイントになります。参列する社員一人一人も見られますので、仕事ではありませんが気を引き締めておく必要があります。

一般的に、社会的な立場のある大企業のトップなどが亡くなった場合は、まず社会における混乱や混雑を考慮して、家族や近親者のみの密葬がおこなわれ、後にあらためて社葬という形式で本葬がおこなわれるのが通例です。近年では「送る会」などと称して、まるでイベントのような葬儀をおこなう企業も出てくるなど、その形は多様化してきました。いずれにせよ、社葬は社の威信を体現する一大イベントの顔も持ち合わせていますから、時代の流れをよく読み、それに即しつつも社風を損なわない適切な葬儀の執行が望ましいと言えるでしょう。
多くの関係者や取引先企業が参列する社葬は、それ自体が会社の持っている組織力や資本力、社会的な評価をあらわす重要なセレモニーとも言えます。これには役職付きの社員はもちろん、全ての社員を含めて一丸となり、執行に臨む気構えが必要となるでしょう。巨大なる死を経てもなお、信頼のおける企業であることを証明するためにも、社葬は絶対に成功させなくてはならない、トップからの最後の試練とも言えます。

<PR>工務店向け集客ノウハウ / クレジットカードの即日発行じゃけん / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣 / お家の見直ししま専科 / 心の童話 / 家計見直しクラブ / 貯蓄 / マッサージのリアル口コミ.com / 工務店向け集客ノウハウ / 健康マニアによる無病ライフ / SEOアクセスアップ相互リンク集 / GetMoney / 女性の人生 / 初値予想 /